いぼを予防するには?

看護師

いぼの予防

いぼができる前に予防したい、このように考えている方に朗報です。実は、いぼというものはちょっとした気遣いで予防することが可能なんです!いぼの原因は大きく分けると【ウイルス性】【加齢性】になります。ウイルス性のいぼを予防したい場合、最も大事なことは感染が疑われる人物との接触を避けることにあります。ウイルス性のいぼは、皮膚や粘膜への付着で感染することが分かっています。そのため、ウイルスが触れる範囲でとどまることを避けるべきなのです。仮に、感染が疑われる人物と接触した場合、手洗いやうがいを行い清潔状態を保ちましょう。

家庭内でのいぼ感染予防

家族がいぼに感染している場合、それがウイルス性であれば完治するまで、生活用品を共有することを避けましょう。タオルやバスマットはウイルスがとどまりやすいため、常に洗浄した清潔なものを用意しましょう。可能であれば、使い捨て用品をうまく利用し使いきって清潔さを保ちましょう。

加齢いぼの予防

ウイルス性とは異なり、加齢が関係している加齢いぼ【脂漏性角化症】の予防は、肌の新陳代謝をアップさせることが大事です。日中紫外線をあびやすい状況にある方はまず、日焼け止めクリームをこまめに塗り日傘やサングラスを利用し肌へのダメージを防ぎましょう。また、肌のターンオーバーに有効な内服薬や漢方薬を美容クリニックで処方してもらうのも有効な予防法です。

Copyright© 2019 ぶつぶつ「いぼ」に悩むよりクリニックで効率よく除去しよう! All Rights Reserved.