最新のいぼ治療

カウンセリング

いぼが治療できる「炭酸ガスレーザー」

近年、美容クリニックでは「炭酸ガスレーザー」を用いたいぼ治療が人気です。炭酸ガスレーザーは、いぼやほくろ、盛り上がっている状態のシミを取り除くのに有効な治療法なのです。従来のいぼ治療では、メスを用いた外科手術が一般的でしたが、取り除くいぼの大きさによって傷跡が残ってしまうというリスクもありました。ですが、炭酸ガスレーザーならメスの使用がないため、傷跡が残ってしまうリスクも回避できるのです。治療の際は、局所麻酔を使用するので痛みもなく、短時間の治療で完治が可能になっています。

炭酸ガスレーザーの仕組み

炭酸ガスレーザーの特長は、瞬間的なエネルギー転換と蒸散作用にあります。治療の際、皮膚幹部を照射すると、細胞に含まれる水分に反応し「蒸散作用」を起こしいぼの組織を破壊、除去します。この時、いぼ周辺の血管は熱で凝固するため出血はほとんど起こりません。また、炭酸ガスレーザー自体肌の表面近くでの照射となっているので、深層部を傷つけることもありません。いぼを一刻も早く治療したいと考える女性におすすめの治療法だと言えます。

炭酸ガスレーザーの経過

炭酸ガスレーザーで照射した当日は、軟膏をぬりテープで保護してもらい治療は完了です。この間にかかる時間は5分から30分程度です。最初は少し血がにじむこともあるでしょうが、ガーゼやティッシュで軽くおさえ止血すれば問題ありません。治療翌日から10日前後になると、いぼを照射した部分がくぼみから盛り上がりをみせます。かさぶたができた場合は無理に剥がそうとせず、自然に剥がれるまで我慢してください。治療後、かさぶたが剥がれ新しい皮膚が見えてきたら、完治とみていいでしょう。しかし、新しい皮膚は刺激に弱いため、日焼けやアルコールの塗布などに注意しましょう。

Copyright© 2019 ぶつぶつ「いぼ」に悩むよりクリニックで効率よく除去しよう! All Rights Reserved.